×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レビューについて

成年コミック

一般コミック

一般コミック(4コマ)

おまもりんごさん (まんがタイムKRコミックス)

単行本情報

感想・レビュー

そこそこ有名な同人ソフト『おまもりんごさん』のコミカライズ。
同人ソフト版や『まんがりんごさん』と一緒なのは設定だけで、舞台は新規に作ったらしい。
msさんとhirahira.netさんの共同作品。
『おまもりんごさん』好きだから買ったけど、これは……すごい。

最初から最後までひたすら”ゆるい”
ただでさえまんがタイムきららの漫画はゆるいのに、これは群を抜いている。
何だろう、いわゆる萌えというか、キャラを可愛く見せる要素さえもゆるい感じ。
っていうかもう何が何だかわからないほどぐでーっとしてる。
完全に『おまもりんごさん』のファン向け漫画。
4コマ漫画としてはある意味斬新かもしれない。

これ以上何も書くことがないからキャラ紹介を。

『御守りんご(17)』通称『おまもりんごさん』
音楽が聞こえると踊り出す。
寝るか喰うか踊るか、それだけ。
何かよくわからん野生児。

『海棠コイ(16)』
りんごさんのファン、というか、ストーカー。
変態だけど一番美人でスタイルが良い。

『可児奈津実(21)』
見た目ロリで中身おっさん
ジャージで酒飲んでる。

『秋田奈々子(16)』
茅場プロダクションのマネージャー。
貧乏な茅場プロの家計?を支えている。
苦労人。

基本的にはこの4人の日常を描いている。
日常と言っても読者が共感するようなものではなく、特殊。
うーん、説明のしようがないなぁ。
あとさらに新キャラが途中で追加される。

『リリー・アンネロッタポーチ』
Stage4.で登場。
天然でりんごさんと気が合う。
変な考え方をするけど意外とまとも。

『宮崎千歳』
最終話のstage12.で登場。
ムダに使命感の強い女らしい。
黒髪ロングで生徒会長、だけど変。

あと女性プロデューサーも登場するけど特に活躍するわけでもなく。
ただひたすらゆるーい日常が続いている。
個人的にこういうのは好きだけど、漫画としては……駄作。
まんがタイムきららは色んな意味で凄いなぁ。