×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レビューについて

成年コミック

一般コミック

一般コミック(4コマ)

HHH トリプルエッチ (メガストアコミックスシリーズ No. 243)

単行本情報

感想・レビュー

DISTANCEさんの待望の新刊『HHH トリプルエッチ』
美~ちく』に続くコアマガジン単行本第2弾。
完全新作は結構久しぶりかも。
DISTANCEさんはかなりのベテランだけど、今回さらにエロくなっててすごいと思う。
大人気なのも納得できるね。

さて、早速『HHH トリプルエッチ』の感想を。
4分の3は漫画のタイトルでもある『HHH トリプルエッチ』シリーズで占められている。
容姿端麗で生徒会長もこなす学園のアイドル『高島しぐれ』(高島先輩)
平凡で小動物系?な『北小松』(北小松クン)
高島先輩が誰もいない(と思っている)教室でオナニーしているのを北小松クンが目撃。
エロいことに興味津々だった高島先輩はイキナリ北小松クンに襲いかかる。
そんでキス・フェラ・セックス。
セックスにはまった高島先輩は、色んな場所で北小松クンとエッチをする。
学校・女子更衣室・野外(夏祭り)・彼女の家などなど……

大まかな説明は以上。
エロについてはほぼ完全に二人だけで余計なものは一切無し。
夏祭りの野外プレイの時は小さい女の子が出てくるけど二人のプレイを見てるだけ。
エッチの内容は普通のセックスとフェラがメイン。
アナルとかおもちゃとか緊縛とか、特殊なものはない。

要素だけ見ると淡泊なエロ漫画に思えるかもしれないけど、DISTANCEさんだから大丈夫!
絵・構図・台詞・展開全てハイクオリティで、納得の出来。
相変わらず肉感的でねっとりしててすごくエロい。
数多あるエロ漫画の中でDISTANCEさんの漫画は間違いなくトップレベルだ。

『HHH トリプルエッチ』前半は高島先輩が北小松クンを貪る感じのいわゆる受けメイン。
北小松クンも自分のことを『肉バイヴ』だなんていってるし。
でも一方的に受けという感じではなく、ちゃんと二人でエッチしてる。
立場を逆転させようと思いつつも中々出来ない北小松クンが変に可愛い。

後半では段々二人の関係が変わっていく。
自分勝手なエッチをしていただけだと気付いた高島先輩。
北小松クンのことを意識するようになり、立場が逆転……するはずもなく。
結局最終的には北小松クンは尻に敷かれているとさ。
もちろん両想いで結婚してるし子供までいるけどね。
最後まで明るくて雰囲気の良いエロ漫画だった。

『HHH トリプルエッチ』以外の漫画は二つ。

『ピーチ てんぷてーしょん』は巨乳妹純愛?モノ。
正確には隣の家の幼馴染みで本当の妹ではない。
まぁ内容としてはいたってふつーのエロ漫画だね。
DISTANCEさんが描いてるからエロさは段違いだけど。
『HHH トリプルエッチ』と違ってこれは完全に男が貪ってる。
カラーページもあり。

もう一つは『娘と父の約束。』
タイトル通り、近親相姦モノ。
でも暗い雰囲気は一切なく、終始明るくエロくて良い感じ。

そういやDISTANCEさんってストーリーに拘るタイプだったけど方向性変えたのかな?
個人的には今回みたいに単純でエロいほうが好き。
変な要素入れられるとどうしても萎えちゃうし。
今後もこの方向性でいってほしい。

色んなことを書いたけど、一言でまとめるとすごくエロい。
いつか出る新刊にも大いに期待しています。