×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

レビューについて

成年コミック

一般コミック

一般コミック(4コマ)

ドクター&ドーター 1 (サンデーGXコミックス)

単行本情報

感想・レビュー

『眠れる惑星』と違ってほぼ完全にギャグマンガ。
バイオ貞操帯を付けた中学生の女の子が色んなことに巻き込まれる漫画。
貞操帯を開発した博士とその娘が主役だから『ドクター&ドーター』
そういや貞操帯がテーマの漫画って初めてじゃないか?
初期設定だけをみれば変態的でかなり良い感じだと思う。

読んでみてまず思ったのが、とても中途半端だということ。
あまり設定を詰めていないのか、方向性が全然わからない。
エッチなハプニングを描きたいのか貞操帯を巡ってのあれこれを描きたいのかどっちだ。
たぶん二つを両立させたいんだろうけど、どっちか一つに絞ったほうが良いと思う。
今の状態ではどちらも中途半端なままになってしまう。
個人的にはエロに傾倒してほしいところ。

キャラクターに関してはいつもの陽気婢さんらしい性格。
変態博士の父親『志賀喜太郎』と少し男勝りな娘『志賀彩乃』
それプラス隣の家に住んでいるボクっこ従姉妹『小路実沙紀』
1巻ではこの3人がメインで話は進む。
彩乃と実沙紀の絡みと妄想が微妙に性的でおもしろい。
エロすぎず、またエロくなさすぎず、この絶妙なバランスは陽気妃さんらしいなぁ。
2巻への伏線を見る限り、次からは色んなキャラが入り乱れると思う。
プールの話みたいなのが好きなんだけど違う路線に向かってそうでちょっと残念。

肝心のバイオ貞操帯はイマイチかな。
貞操帯の感覚がどこまで宿主に伝わっているかの説明がないし。
反応するのはわかるけど触感は感じない、ってな感じ?
ここらへんの詳しい説明を次の巻でしてほしい。

色んな意味で2巻に期待。