×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PS Vita

PS Vita アプリ

PS Vita 改造

PS Vita PSPのゲームを遊ぶ

公開日:2011年12月21日

PlayStation(R)Vita』ではPSPのゲームもプレイできます(対応タイトルのみ)
PSPgoとダウンロード版のゲームをメインで使ってた人にはかなり便利だと思います。
『UMD Passport』を使えば手持ちのUMDもVitaでプレイ可能です。
早速使ってみたので紹介したいと思います。

まずは『PlayStationStore』からPSPのゲームをダウンロード。
今回ダウンロードするのは工画堂の『ソルフェージュ~Sweet harmony~』です。

PS Storeからダウンロード
ダウンロード中……

ダウンロードとインストールが完了すると『LiveArea』にゲームが表示されます。

LiveAreaにゲームが表示される

PSPのセーブデータを使いたい場合はVitaにセーブデータを移しておきます。
PC経由だとコンテンツ管理アシスタントを使えば出来ます。
PS3のほうが簡単なのでオススメです。

タップして起動。

PSP起動確認

特に問題なく動作しました。
今のところフリーズや音ズレなどは確認できません。

解説書も読むことができます。

ソルフェージュの解説書01
ソルフェージュの解説書02

PSP用の解説書は解像度が低くて少し気になりますが問題ありません。
現状、PSPのゲームを起動中に解説書は読めないのが不満です。
さっさと対応して欲しいところです。

PSPのゲームをプレイ中に画面を2秒ほど長押し?するとメニューが表示されます。

PS VitaでのPSP設定画面01

『バイリニアフィルタリング』というのは簡単に言えばアプコンです。
標準ではドットがギザギザに見えますが、これをオンにすると滑らかに見えます。

『右スティック』は本来PSPにはないため余ってしまいます。
それにキーを割り当てることが出来るのがこの設定です。

PS VitaでのPSP設定画面02

以上の4種類が設定できます。
ゲームによっては便利なのではないでしょうか。

『カメラ』は『前面』『背面』の切り替えです。

PS VitaでのPSP設定画面03

カメラに対応したPSPタイトルで使用するみたいです。
私はカメラ対応タイトルを持っていないので詳細はわかりません。

『カラースペース(PSP)』はPSP本来の色に画面を合わせる機能です。
どちらが良いかは人によるのでお好みで適用させてください。

以上で紹介をおわります。
今後のアップデートで色々な機能が追加されることに期待しましょう。
何か質問があればこちらからご連絡ください。